VとかAとか

ニュースとかアニメのネタをまとめているらしい
フリーエリア
【'A`】
最新記事

【カメラを止めるな!】はパクリだ!元ネタになった作品を上演した劇団の主催者が怒りの告発


180821カメラを止めるな!

カメラを止めろ






1 :VとかAとか@過疎ブログ
『カメラを止めるな!』はパクリだ!原作者が怒りの告発

映画のキャッチコピーは、「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」だ。“37分間の安っぽいゾンビ映画” が終わったその後に「何かが起こる」というのがこの映画の肝だが、社会現象ともいえる熱狂のなか、監督と原作者の間にも「何かが起きていた」とは、誰も思いもよらなかったであろうーー。

「映画の評判は、僕も周囲から聞いていました。そんなとき、過去に僕が主宰していた劇団の後輩から『あれ、先輩の作品が原作ですよ。知らなかったんですか?』と言われて、初めてその映画が、僕の演出した舞台『GHOST IN THE BOX!』(以下『GHOST』)をもとに作られたことを知ったんです」

そう語るのは、2011年から2014年まで劇団「PEACE」を主宰していた和田亮一氏(32)。彼の言う“映画”とは、『カメラを止めるな!』のことだ。

6月23日にわずか都内2館で公開されて以降、口コミを中心に評判が広がり続け、累計上映館数が全国190館(8月17日現在)を突破。役所広司ら、芸能人がこぞって絶賛し、上田慎一郎監督(34)の巧みな構成を称賛する声が多い。

「製作費は300万円といわれているが、興行収入10億円突破は確実」(映画業界関係者)

まさに破竹の勢いの『カメラを止めるな!』だが、映画を観た和田氏は、こんな複雑な感情を抱いたという。

「構成は完全に自分の作品だと感じました。この映画で特に称賛されているのは、構成の部分。前半で劇中劇を見せて、後半でその舞台裏を見せて回収する、という構成は僕の舞台とまったく一緒。

前半で起こる数々のトラブルをその都度、役者がアドリブで回避していくのもそう。舞台が廃墟で、そこで、かつて人体実験がおこなわれていたという設定も一緒ですし、『カメラは止めない!』というセリフは、僕の舞台にもあるんです」

本誌もDVDに収められた『GHOST』の映像を見たところ、多数の類似点が見受けられた。

『GHOST』は、和田氏が企画して二部構成のプロットを考案し、A氏とともに演劇の脚本として完成させたもの(舞台上演時は脚本がA氏、演出が和田氏)。和田氏も原作者だ。2011年の初演が好評を博し、2013年に再演。再演時には上田監督も観に来ていた。

しかし、2014年に和田氏の劇団は解散。2015年になって、上田監督がかねてより交流のあった「PEACE」の元劇団員のB氏と接触し、『GHOST』の映画化を企画。上田監督はA氏に映画用の脚本執筆を依頼したが、このプロジェクトは頓挫した。

その後、2016年に上田監督は『カメラを止めるな!』のプロデューサーの市橋浩治氏から長編映画の製作を持ちかけられる。すると、上田監督はなんの権限も持たないB氏に「『GHOST』の映画版をやりたい」と伝えたという。

「Bに伝えたことで、映画化の許諾を取ったつもりだったのでしょうか。上田監督は大幅にAの脚本を書き直したことで、『これは自分のオリジナルストーリー』と主張していますが、構成や大まかな設定部分は完全にそのまま。公開当初のクレジットにAとBの名前こそ入っていましたが、原作の表記や劇団名、作品名は入っていません」(和田氏)

A氏もこう語る。

「上田監督からは事後報告の形で『名前を入れました』と連絡がありました。しかし、脚本を書き直して映画化する過程で、許諾を取る類いの連絡はありませんでした。公開されたいま思うと、原作として和田さんと私のクレジットがないのは疑問に思います」

こうして完成した『カメラを止めるな!』は、2017年11月に初めて一般公開された。公開後も、監督から劇団関係者への連絡はいっさいなかったという。

「弁護士に、双方の作品を見比べてもらったうえで相談したところ、類似点の多さや、Aの脚本をもとに書き直したものであるのに原作の表記がないこと、原作者である僕やAの許諾を取らなかったことなどから『これは著作権の侵害だ』と。現在、訴訟の準備を進めています」(和田氏)

本誌が上田監督及び市橋プロデューサーに、本件に関する事実確認を求めると、
「弊社といたしまして、本映画において舞台(『GHOST』)に対する著作権侵害がなされている認識はございません。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00010001-flash-peo






6 :VとかAとか@過疎ブログ
■時系列まとめ

劇団PEACEにて、和田(劇団主催者)企画演出、荒木(劇団員)脚本の舞台『GHOST IN THE BOX!』が公開
 ↓
上田(映画監督)、友人の大坪(劇団員)が出演していた舞台『GHOST IN THE BOX!』を見る
 ↓
上田、大坪に『GHOST IN THE BOX!』の映画化を提案
 ↓
上田、大坪経由で荒木にも声をかけて三人で映画化を進めるも頓挫
 ↓
上田、一人で映画制作再開、オリジナル作品として脚本を書き直す
 ↓
映画『カメラを止めるな!』が公開
荒木と大坪の名前は企画開発協力としてクレジットに記載
(クレジットにいれたことのみの連絡はあったが、許諾依頼や謝礼はなし)
 ↓
プロデューサーが上田に『GHOST IN THE BOX!』の名前はインタビューなどで出すなと指示
上田は「ある劇団のある芝居に影響を受けた」と発言するに留める
 ↓
和田、『カメラを止めるな!』が話題になってその存在を知る
自身の作品のリメイクだと知り喜び、鑑賞後に絶賛ツイート
 ↓
和田のツイートに上田が感謝のリプを送る
 ↓
和田、クレジットに原作『GHOST IN THE BOX!』と劇団名を記載してほしいと申し出るも上田は拒否
 ↓
和田、納得いかずプロデューサーを含めて三人で協議
プロデューサーが「配給拡大が決定していてクレジット変更が効くのは今日迄で時間がない、ひとまず原案としてクレジットして、原作かどうかは再度協議しよう」と提案
 ↓
『カメラを止めるな!』の配給拡大
 ↓
和田のもとにプロデューサーから「原案として整理した」と一方的な連絡
『GHOST IN THE BOX!』の権利を破棄するよう求めた原案利用契約書が送られてくる
 ↓
和田、契約拒否して週間FLASHにぶっちゃける(イマココ)






8 :VとかAとか@過疎ブログ
そもそもこの構成舞台のオリジナルでもないだろ





15 :VとかAとか@過疎ブログ
カメ止めと同じ構成の映画なんて他にいくらでもありそうだけどなぁ
大まかな設定が同じってだけでパクリ主張とか笑うわ






28 :VとかAとか@過疎ブログ
>>15
監督がその舞台を元に作ったっていうのは明言してる





173:VとかAとか@過疎ブログ
そもそも隠してもないのかよw

単なるやっぱムクムクやんけw






40 :VとかAとか@過疎ブログ
>  誌が上田監督及び市橋プロデューサーに、本件に関する事実確認を求めると、
> 「弊社といたしまして、本映画において舞台(『GHOST』)に対する著作権侵害がなされている認識はございません。


アイデアと構成の流用は盗作にはならないから裁判したところでどうにもならん
だからめっちゃ強気






47 :VとかAとか@過疎ブログ
>>40
バタフライエフェクトとシュタゲみたいなもんだろ





131 :VとかAとか@過疎ブログ
設定構成同じなだけでパクリ言われるならなろうは全滅だな





140 :VとかAとか@過疎ブログ
>>131
テンプレなろう全滅すればいいのに





194 :VとかAとか@過疎ブログ
ムクムクもしゃーないやろ
大ヒットして監督がTV出て「僕のアイデアですわ」って言わんばかりにドヤってたら
ムクムクもするわ






174:VとかAとか@過疎ブログ
同じような脚本なのに舞台でヒットしなくて映画でヒットした
明らかに演出の差じゃね両方見てないけど






175:VとかAとか@過疎ブログ
カメ止め観てない奴は思考がパクリ云々で終始するだろうけど
あれは他のヤシが真似しようとしても撮れないから賞賛されてるんやで~






12 :VとかAとか@過疎ブログ
なんで大ヒットしてから当たり屋みたいなのが現れるんだ





17 :VとかAとか@過疎ブログ
>>12
大ヒットしたからだゾ





165 :VとかAとか@過疎ブログ
原作者の手の平返しw
公開した当初はこんなに褒めてたのにw







169 :VとかAとか@過疎ブログ
>>165
ええ・・・
これはまだ公開館数がミニシアター2つとかだった頃だよな?
これマジでムクムクきちゃった系じゃ・・・






181 :VとかAとか@過疎ブログ
>>165
あっ…





183 :VとかAとか@過疎ブログ
>>165
あーあ





290 :VとかAとか@過疎ブログ

流石にこれはムクムク言われるわw






217 :VとかAとか@過疎ブログ
https://note.mu/rookey/n/ne25a640b8cc7
「確かに最初は一緒に進めたし、あの舞台を参考にしたがそれは一旦頓挫し最終的には全く別物になったので「原作」と入れることはできない。参考にしたということでいくと、三谷幸喜さんの作品も原作としていれなきゃいけないことになる。」
と言われました。

その件で直接話をするために、先方のプロデューサー含め、会って話しました。
その際に、配給拡大のタイミングで、今日クレジットは決めなくてはならない。といわれ、最終的に向こうから妥協案として「原案」だったらどうですか、という話になり、“ひとまず”クレジットには原案として劇団名、作品名を入れてもらいました。
そして、その後原作かどうかは判断しましょう。
という話になりました。
だから今、映画のエンドロールには

原案:劇団PEACE「GHOST IN THE BOX!」(作:A 演出:和田亮一)

special thanks で和田亮一と入っています。

でも僕は、ただ、「原作」と入れて欲しかったんです。

これ原作者が厄介っぽいな






229 :VとかAとか@過疎ブログ
>>217
映画がバズる前に諸手を挙げて絶賛してたの見ると完全に無言の金銭要求だろ
賭けてもいいけど近日中に公開当初のツイート消すぞこいつ






235 :VとかAとか@過疎ブログ
>>217
まあこれこいつが食えてないから
なんとしてでも手柄にして仕事にしたい感溢れてるなw






386 :VとかAとか@過疎ブログ
>>382
僕の舞台とか言ってる時点で痛いな
みんなの舞台でしょ






5 :VとかAとか@過疎ブログ
>>1
舞台『GHOST IN THE BOX!』と映画『カメラを止めるな!』の類似点






44 :VとかAとか@過疎ブログ
>>5
この程度でオリジナルを主張してるのかよ、原作者w
痛い奴だな






46 :VとかAとか@過疎ブログ
>>5
ネタバレしすぎ





343 :VとかAとか@過疎ブログ
文句つけた方も飛び火w






348 :VとかAとか@過疎ブログ
>>343
やっぱ金欲しいだけやんけ!w





354 :VとかAとか@過疎ブログ
>>343
盛り上がってきたな






583 :VとかAとか@過疎ブログ
全然別物だったか






248 :VとかAとか@過疎ブログ
>>244
あっ











          ____
        /      \
       /  ─    ─\   構成と設定以外は
     / U  (⌒) (⌒) \  オリジナルなんだよね?
     |       (__人__)    | ___________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_

それなら原案扱いが妥当では
スポンサーサイト
amazonランキング   
ゲームアニソンBlu-ray漫画
相互RSS新着記事
アニメ以外アニメ
当ブログ人気記事最近欲しい物
/* 愛が欲しい */

[ 2018/08/21 11:48 ] Aとか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
Amazon人気商品

スポンサードリンク